セルゲイ・セルゲエヴィチ・コノヴァロフについて

国際生態科学・人間と自然の安全アカデミー会員,「環境と健康」部門担当。同アカデミー幹部会委員。同アカデミー情報医療大学学長。教授。医学博士。1977年クイブィシェフ大学卒業,1988年にはS.M.キーロフ名称軍事医療アカデミー幹部学部を内科治療学専攻で卒業。

ソ連軍戦闘部隊にて軍病院長,レニングラード軍管区医務局治療班士官,管区臨床軍病院心臓病治療センター蘇生・救急局及び同梗塞局上級医局員。

1992年から情報(量子)及び分子生物学・医療,老年病学,老年学,遺伝学,分子細胞学,生組織生化学・生物物理学,体内外の環境が細胞の生活機能及び人間の肉体全体に与える影響といった分野の研究に従事。

2014年5月14日付国際生態科学・人間と自然の安全アカデミー令第4号により,上記研究分野の発展を目的として設立された同アカデミー情報医療大学の学長に任命される。

ロシア国内及び海外で数百万部の規模で発行された健康法に関する学術・一般向け著作により全世界的に有名になる。

モスクワ及びサンクトペテルブルクにて人間及び社会の病理の予防・克服をテーマとした学術・啓発セミナーを行っており,大きな人気を博している。.

交響楽団「SPb 2004」芸術監督。150以上の学術論文,モノグラフ,また医療,生物分野の高等教育機関のための教科書を執筆。幼年時代から常に音楽に囲まれており,音楽は同人の創造活動,学術活動における一部となっている。

コノヴァロフ氏作曲の「急流」は1988年カルガリー・オリンピック・フィギュアスケートにて,オレグ・マカロフとラリサ・セレズニョヴァ(銅メダルを獲得)によるフリー・プログラムで響き渡り,初めて全世界に中継された。なおコノヴァロフ氏の音楽に合わせて出場したソビエトの選手オレグ・マカロフとラリサ・セレズニョヴァはプラハとエレヴァンにて金メダルを,また1987年にはウィーンにて銀メダルを獲得している。

 

 

 

 

2013年11月17日にコノヴァロフ氏は,ロシア連邦におけるフィギュアスケートの発展への貢献を讃えられ,モスクワのフィギュアスケート・フェスティバル「善の名の下」にて「クリスタルのニケ」賞を授与される。

 

 

 

 

 

 

 

 

Japanese translation by Tomoki Nakamura

学術論文・出版物

1997年からコノヴァロフ博士は学術・実践活動を一層活発に行うようになり,現在では作曲活動とともに同人の優先分野となっている。医学博士である同人による公開学術論文の数は150を超え,その中には12点のモノグラフィーも含まれる。< p="">

科学的研究 出版

学術論文・出版物

1997年からコノヴァロフ博士は学術・実践活動を一層活発に行うようになり,現在では作曲活動とともに同人の優先分野となっている。医学博士である同人による公開学術論文の数は150を超え,その中には12点のモノグラフィーも含まれる。 詳細はこちら

著作

『治療する本』シリーズ 詳細はこちら

音楽及びコンサート

セルゲイ・コノヴァロフ氏は幼年時代から常に音楽に囲まれており,音楽は同人の創造活動,学術活動における一部となっている。 詳細はこちら.

The publishers of the books by Sergey Konovalov:

ast1.jpg

prime1.jpg

BOOKS THAT HEAL ®