『予防神経免疫内分泌学』

Профилактическая нейроиммуноэндокринология

著者:S. S. コノヴァロフ,I. M. クヴェトノイ,K. I. プロシャエフ,A. N. イリニツキー

本モノグラフィーでは初めて,病理の発達・進行のリスク要因の予防の分子的基礎の分野における主な新機軸がまとめられ,かつ詳細に分析されている。特に社会学的に重要な病気の病因論にて重要であり,あらゆる段階での予防が必要となるリスク要因の神経免疫内分泌学的側面から見た影響についての議論に大きな関心が割かれている。S. S. コノヴァロフ氏と共著者による本モノグラフィーは,内科医,内分泌学者,腫瘍専門医,神経病専門医,老年学者,生理学者,生態学者,また医科大学や大学の生物学部の学生といった,幅広い分野の専門家に勧めることのできる著作である。

Серия: 

  • 専門家を対象としたシリーズ外モノグラフィー
M.D., Ph.D., Professor
Sergey Konovalov